« 朝日新聞現役記者とともにメディアの役割を考える 「松竹伸幸さん出版記念講演会」 | メイン | 6.21それぞれのパレード »

2015年6月19日 (金)

グローリー/明日への行進

グローリー/明日への行進

手をとり、共に歩こう。
私たちは誰も一人では戦えない――  

964年ノーベル平和賞を受賞したキング牧師は、翌65年、黒人の選挙権を求める525人の同志と共に、アラバマ州セルマから州都モンゴメリーまで80キロのデモ行進を始めるが、そこに待ち構えていたのは白人の州警察と民兵隊だった。次々と黒人たちが殴り倒されていくニュース映像が全国に流れ、テレビの前の全米7,000万人が衝撃を受ける。

10639654_685643654912818_2046031799

「肌の色など関係ない。人は皆平等だと信じるならば共に行進しよう」キング牧師の呼びかけに、全国から続々と人々が集まってくる。翌日、黒人と白人、男と女、大人と子供がしっかりと腕を組み、彼らは再び歩き始めた─。(公式ページより)

11407292_685643761579474_3178487743

「パレードへようこそ」に引き続き「連帯」の素晴らしさを確認する。
「血の日曜日」は、あまりにも悲惨で直視できなかった
キング牧師の苦悩する姿に 涙流れるんだわ
とにかくボロボロに泣いたsign03  全身しぼるように泣いたsign03

エンディングのスクロールながめつつ また泣いたsign03


YouTube: 映画『グローリー/明日への行進』主題歌「Glory」カラオケ映像


絶対にたどりつけないと言われた
力づくでも行かせないと言われた
州都へ行く価値がないと言われた


だが今日、アメリカ人としてここにいる
この力強い行進は、
抗議と進歩の偉大なるデモとして後世に伝わるだろう


座席を自由に選ぶ権利の闘いをした
学校を選ぶ権利の闘いも
今日は選挙権だけの闘いではない
参加することが新たな行動を生み出す力となる
それは敵対心より力強いものだ


その力をしっかりつかみ、熱意を体で表そう
それが光を放ち、時間を照らすのだから
社会は我々をねじまげてきた
白人の権力者たちが社会を支配し、
貧しい白人には黒人差別と言うウソを与えた


その白人たちは子どもが腹をすかせて泣き出すと
同じウソでなだめるのだ
「どんな境遇に生まれようと、“劣った黒人でなく白人であること”
――それだけでマシなのだと」


真実は違う
真実と自由へ前進しよう
止まることなく前進しよう


市民として正当な扱いを請求しよう
悪意と闇を正義の光が照らすまで前進しよう
作り話や不満を言われようとこの運動を止めてはならない
この闇が我々の長所と可能性を摘み取るのだ


ジミー・リー・ジャクソン・ジェームズ・リーブ、
罪なき4人の少女、若くして殺された人たち


この闇からいつ解放されるのか
今、答えよう、兄弟姉妹よ
悲嘆の涙が枯れても、自由はすぐそこに!
地に堕ちた真理がよみがえるのだ


主の真理は進みゆく、栄光あれ
主の真理 進撃せよ!

     (グローリー/明日への行進パンフレットより)


私たちの自由も いま脅かされている
憲法学者が「違憲」だと正義の声を上げても

よこしまな政治家は それを捻じ曲げるのだ
いま 声を上げなくてどうするんだ
自由を手放すなんて出来ない「戦争法案 反対sign03
連帯しよう あなたの街を 共に歩こうsign03

庶民の真理 進撃せよsign03

ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 鬼が喜びます励みになりますnote

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/357675/33443735

グローリー/明日への行進を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

なんだかだです

  • 1日1回ポチッとお願します♪
    ブログランキングに参加してます鬼の励みになります♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  • 俳句ぃぁ川柳♪
  • ひとことどんぞ♪

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

ご入湯ありがとぅございます♪

  • 著作権放棄していません
    当ブログ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
    (c)2004-2009 おにゆり. ALL Rights Reserved.
  • いつも感謝ヾ(@^▽^@)ノ