« 天然温泉「湯庵」 | メイン | グローリー/明日への行進 »

2015年6月12日 (金)

朝日新聞現役記者とともにメディアの役割を考える 「松竹伸幸さん出版記念講演会」

市民社会フォーラム学習会に参加してきましたpencil

『慰安婦問題をこれで終わらせる。
理想と、妥協する責任、その隘路から。』(小学館)を著した
松竹伸幸さんの出版記念講演会を開催します。
朝日新聞現役記者にも出演いただき、メディアの役割について皆さんと考えます。

日 時 6月12日(金)18:30~20:30(開場18:00)
会 場 シアターセブン BOXⅠ(大阪・十三)
ってことで学んでまいりましたconfident

11053477_682718038538713_5811957231

「慰安婦問題をこれで終わらせる。」著者の松竹さん
右だ左だという立場を越えて慰安婦問題を終わらせたいと
執筆に至った動機を語って下さいました。

11062137_682718125205371_3177735845

ゲストの 箱田哲也さん(朝日新聞論説委員、元ソウル支局長・外報部次長)
著書の中に出てくる「朝日新聞の間違い」を訂正されつつのお話でした。

11390565_682718151872035_1616350549

松竹さん、箱田さんの対談は熱いものがございます。

68156_682718171872033_1673014124567

ゲストの池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家)
空気がピリッと引き締まりますcatface

17707_682718201872030_3946269180966

三人の鼎談は実に掘り下げた内容でして
参加しないと聞けなかったタイムリーな話題でした。
(オフレコなので省略します)

11429693_682832598527257_4701927653

イケカヨさんが来るならサインいただかなきゃって
「夜と霧」持参しました。ぬかりがないってかhappy02

11188394_682832628527254_6629423590

松竹さんにも サイン頂戴いたしましたですcatface

「慰安婦問題をこれで終わらせる。」

このご本には松竹さんの心がありますheart

右の方も 左の方も 是非とも読んで下さいsign03

学習会に参加するかどうか迷っていた私ですが

前日に読了して心ゆすぶられましたな

「これは行かな あかんしょ!」

えっちらおっちら お出かけして正解でございました

ちびっと かしこになった気がいたしますですcatface

ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 鬼が喜びます励みになりますnote

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/357675/33435927

朝日新聞現役記者とともにメディアの役割を考える 「松竹伸幸さん出版記念講演会」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

なんだかだです

  • 1日1回ポチッとお願します♪
    ブログランキングに参加してます鬼の励みになります♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  • 俳句ぃぁ川柳♪
  • ひとことどんぞ♪

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

ご入湯ありがとぅございます♪

  • 著作権放棄していません
    当ブログ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
    (c)2004-2009 おにゆり. ALL Rights Reserved.
  • いつも感謝ヾ(@^▽^@)ノ