ニュース・芸能 Feed

2015年4月14日 (火)

湊山温泉が廃業します

平成27年5月10日(日)が最終営業日なんだそうです。

最後のお別れしに行かなきゃなのですが水曜定休日だし

雨続きで引き篭り中だったりしてグズグズしていますが

ご近所には祇園神社もあれば勝海舟寓居跡もあったりします。


あ~~~~いかなきゃ! いかなきゃ! いかなきゃ!

『鬼のおさんぽ♪ 湊山温泉2』←過去記事

Tw5xsq1z

【2007年5月1日 神戸新聞より】

「源泉かけ流し」が魅力 湊山温泉
神戸市兵庫区湊山町
阪神間からも常連客が訪れる=神戸市兵庫区湊山町(撮影・青木信吾)
阪神間からも常連客が訪れる=神戸市兵庫区湊山町(撮影・青木信吾)
 その昔、平清盛の別邸雪御所(ゆきのごしょ)が近くにあったという。今は住宅が密集し、下町の趣が漂う神戸市兵庫区湊山町。細い路地を抜けると、天王谷川沿いに湊山温泉がある。

 外観は飾りっ気がない。自慢は「源泉かけ流し」。塩素を加えず、循環も、ろ過もせず、源泉からわき出る湯を湯船に流している。

 川向かいにあった天王温泉と共に「平野の温泉」と、親しまれてきた。営業は明治時代からだが、ルーツは平安時代にさかのぼるらしい。平家の興亡を記した「山槐(さんかい)記」に、清盛が隠居後に湯治したとある。

 湯船は長さ十メートル、幅一・七メートルと細長い。湯煙の中、常連客がおしゃべりに花を咲かせる。白く濁った湯は、神経痛や冷え性に効能があるという。

 半世紀余り、毎日通っているという人に出会った。須磨区の福井和男さん(69)。「ここは泉質が良く、体によく合う。ほかの風呂ではスカッとしない」。確かに深い湯船に全身つかれば、天然の湯は肌に吸い付くようで体がしんから温まる。

 「平野の温泉」に衝撃が走ったのは二〇〇四年。神戸市はそれまで上下水道料金を減免する一般公衆浴場と扱ってきたが、「天然温泉であることを見落としていた」として減免を見直した。水道料金などが三―四倍に跳ね上がったのを機に、天王温泉は廃業した。

 残った湊山温泉だが、最近は燃料費の高騰が経営を圧迫。それでも、コストのかかる源泉かけ流しにこだわる。「何も加えない、うちの温泉を気に入ってくれている人を裏切れない」と社長の松富康夫さん(49)。湯で勝負する姿勢を貫く。(社会部 土井秀人)

メモ;湯船は、低温(40℃)中温(43℃)高温(46℃)の3種類。飲泉場もある。源泉は無色透明で炭酸ガスが細かく泡立つ。

Wp15as1l

湊山温泉

        神戸市兵庫区湊山町102 
        営業時間:AM7:00〜PM22:30 
        浴券販売:PM10:00まで 
        入浴料金:大人(中学生以上)680円 
               中人(小学生)  430円 
               小人(乳幼児)  110円 

ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 鬼が喜びます励みになりますnote

なんだかだです

  • 1日1回ポチッとお願します♪
    ブログランキングに参加してます鬼の励みになります♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  • 俳句ぃぁ川柳♪
  • ひとことどんぞ♪

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

ご入湯ありがとぅございます♪

  • 著作権放棄していません
    当ブログ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
    (c)2004-2009 おにゆり. ALL Rights Reserved.
  • いつも感謝ヾ(@^▽^@)ノ