和歌山の温泉 Feed

2014年12月31日 (水)

白浜温泉「岬の湯」2

釣りがしたいツレをば釣り場まで送ってから

「岬の湯」にて海を眺めつつ大晦日の湯を堪能spa

10885524_585029021640949_2177485168

何年ぶりだろうか・・・

10425162_585028864974298_8976874668

ここで波の音を聞きなからまったり

あとか来られた方が 先端の岩場で海み見てて

ザブーンと波をかぶっちゃたのよね

危ないって教えてあげれば良かったかしらん・・・

10404085_585028841640967_5442441227

三段に設えられた湯船があり

一番下は

波をかぶるスリリングありです。

10885443_585028981640953_1004343533

浪の音に堪能したら

最上級の湯船で海を眺めつつ時を食むのがお気に入り♪

10891979_585028941640957_9710155596

少し、ぬるめでしたので湯温を計りに来られた時に

湯の投入量を増やしていただいて長湯いたしました。

湯の花も買いました。

1014388_585029111640940_50154422109

反対たまご2個たべたのがランチです。

ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 鬼が喜びます励みになりますnote

湯快リゾート ホテル千畳

源泉かけ流しの ええ湯ですわ

内湯で旅の汗も流してホッコリしたら

風に吹かれながら露天風呂へプラっとな

明るかったら海が望める岩風呂には

惜しげもなく熱い湯が かけ流される

ほのかに匂い立つ硫化水素臭うれし♪

ヌルスベの湯を独り占めの至福なり

湯は断然と露天風呂のんがよろしい

かつては火サスの定番ホテルだった

時代の流れで人件費のかからぬ

湯快リゾートグループに参入して

個人客に人気のホテルとなった

湯量が豊富で新鮮な湯は香ばしい

白浜湯治も悪くはないなー

好きな共同湯めぐりも出来るし

なんせリーズナブルである!

太平洋がある♪ 

あとは食事だぬ ブヒヒ

10881670_584566091687242_10316605_3

やっぱバイキングはあかん…

戦場だわ…ここで湯治は無理!

10885363_584848188325699_90851939_2

朝風呂きもちええー

小鳥の声に和みながら海みてたら

カラスもガァガァ仲間入り

朝からがんばるねぃカラスくん♪

10897818_584848228325695_42037341_3

カラスの行水よりも

のんびり

まったり

ぬくぬくがいいのです♪

10352936_584885331655318_32934902_2

朝ご飯は

しっかり食べます

これ大事pig

10881615_584469505030234_87817344_2

和洋室をチョイスしました

お部屋は使い勝手よかった

洗面所も広々していました

10891980_584469525030232_69260286_2

ツインはツレが

使いましたとさ♪

12月30日に宿泊しました。

ホテル千畳

ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 鬼が喜びます励みになりますnote

2009年3月 2日 (月)

勝浦温泉 「ホテル浦島」

皆様お元気ですかheart01随分ご無沙汰していましたゴメリンゴapple
この記事ゎ南紀温泉ほっつき歩きの表紙となっていますclip
だらだら長いでつが 各記事へ飛びながら読んでいただくと
皆さまにも2泊3日の湯旅が少しゎお楽しみ頂けるかな~pencil

P223004
2月28日から連泊いたしました
はいな今回もトラピックス提供
格安ツアー19800円利用ですhappy01
ここのホテルゎ施設内の浴場に
カメラ持ち込み禁止ゆえ
湯船の画像ゎございませぬwobbly
ホテル浦島公式サイトに飛んで
湯殿の確認なさって下さい<(_ _)>


P222002

なが~いエスカレーターに乗って
トロトロと上ってまいります
まんず 目指すのゎ山上露天風呂
「天女の湯」なのでつな
山上からは「山成島」が望めます
平家物語に出てきますね wave



P234881
平 維盛が浜の宮という王子の社より
小船で山成島へ漕ぎ寄せて近くの
大きな松の幹を削り 時世の句を詠み
入水したと伝えられていますsweat01
故郷に いかに松風根むらなん
沈む我が身の 行くしらずば
              平 維盛




P2220007s

お隣の国の客人キャピキャピギャルの
賑やかな笑い声に恐れおののきつつ
天女になるσ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@
木枠の湯船にゎ白濁した ぬる湯と
無色の熱めの湯船がございましたspa
とうぜん新鮮な熱めチョイスしまつcatface
キャピキャピ軍団といえば
カラスの行水・・・お賑やかなこったhappy02



P222003

大洞窟温泉「忘帰洞」
でございますな
熊野灘の荒い風波に浸食されてできた
間口 25m・奥行き50m・高さ15mの
大洞窟より望む海の景色ゎ圧巻でつ
「帰るのを忘れてしまう・・・」
  あると思います
lovely



P222004

夕食ゎバイキングでつ
期待してゎいけませぬ
巨大ホテルの中ゎ異空間
老若男女入り乱れて
好みもへったくれも
聞いておられませぬ
   ・・・ってか~happy02



電車の移動ってのも疲れたりするわけで・・・・train
だいたい特急って名前だけやん やたら揺れたしなぁ
ほんなこんなで爆睡しちまって 丑三つ時に目が覚めた
@(^エ^)@も起きて来て「風呂でも行くか~」foot

薄暗い廊下をトコトコ歩くわけですが・・・内湯もクローズban
フロントで聞いたら「24時にて全てクローズしてます」

あ゛え゛・・・・
こんなに巨大な施設で風呂の数も誇ってて・・・そりないやろcrying
そんなら部屋の施設利用案内に明記しとけよなっpout
・・・・ふてね・・・明日に期待すべ・・・・(-ω-) ボソッ

P2230022s
とんかく巨大なホテルなわけで
玄武洞は別棟に付帯する露天風呂
細長い洞窟風呂からも
海が開けているわけでつが
忘帰洞の開放感に比べたら
もの足りないってかさ
湯も ありきたりの塩化物泉てなもんgawk



P223002
朝の忘帰洞ゎ殿方と交代してます
湯船の数も多くて変化に飛んでまつ
各湯船から望む海の景色も多様で
なんとも楽しいでゎないでつか
源泉の数も数本あるようでして
白濁した硫黄泉から
肌触りの良い緑礬泉を思わせる湯note
明日の朝もココに決めるべconfident


P223003


ちなみに湯殿から望む海とゎ

こんな感ぢなのです♪~( ̄ε ̄;)





P23c071
朝食もバイキングでして 
適当にお腹に詰め込んだら出発しまつshoe
駅前でバス待つ間に足湯ゎいかが?
「滝乃湯」
午前6時~午後10時まで無料でつconfident
バスに乗って7停留所進めば「二河」bus




「ゆかし潟」を ぐるりと一周歩こうってなわけで
まんず お邪魔したのが「ゆりのやま温泉」湯量が豊富でつね~happy01
37・6度という温めのアル単の湯に@(^エ^)@がハマっちまったw
微量の硫化水素臭も癒されるってなもんです(記事ゎココClick)

「ゆかし潟」って小さなもんでして歩くのに適当なコースでつ
@(^エ^)@ゎタオル振り回しながら野生に戻るわけでして
ぐるっと国道へ出たなら「きよもんの湯」単純硫黄泉でつなspa
木の香漂う新しい施設ゎ気持ちよかった(記事ゎココClick)

P2230087s
文豪「佐藤春夫碑」でつな
「ゆかし潟」を愛したといふ

なかなかに
名告(なの)らざることゆかしけれ
ゆかし潟とも呼ばば呼ばまし

              佐藤春夫
この碑を右手に山越えていざや海へshoe



σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@の一番のお目当てである。夏山温泉「もみじや旅館」spa
海岸からゎミステリーツアーで訪れた「太地くじら温泉」も望めまするナツカシw
惜しげもなく かけ流される湯ゎ来てよかったの満足大note(記事ゎココClick)

Yukawabsutei

湯川温泉停留所から勝浦へ戻るbus
ホテルでコロンチョして暫し休憩sleepy

あぁ そうなんだよ
格安ツアーゆえに2日目の夕食ナシ
日暮れ前に行き残した湯もチョイス
島がホテルといふ この浦島さんて
お船で移動するのが ちと面倒やね
でかけるか~dash




P2230135s

ブツクサ文句言ってるわけだが
旅ってものは なかなか良いもので

船から見るホテルってのが
夕日を浴びて美しいでゎないでつかheart
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@のお部屋ゎ
右側の本館なんだよぉ~key


σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@が目指したのは「海のホテル一の滝」
松田教授絶賛の かけ流しの湯ってどんなだ~note (記事ゎココClick)


歩けば寒い「春の宵」かえり道々ってばshoe 
もうひとっ風呂欲しくなるw
こんな時に嬉しいのが 地元の共同浴場でつね
「はまゆ」ええ~湯ですたspa  (記事ゎココClick)

P2230177s
船でホテルに渡るぅってのはship
やはり面倒でしてホテルに戻って
大阪から来て8ヶ月という
ホテル内の和食屋さんですます
流れ子(とこぶし)クジラの竜田揚げ
地の刺身なんぞいただく
@(^エ^)@ゎ金目の煮付け定食delicious
可もなし カモナシカモナシ鴨梨gawk


最終日の朝「忘帰洞」を貸切状態で堪能したσ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@心も軽くheart02
日曜日に休業するといふ不思議なレンタサイクル屋さん目指すのであったshoe

0953eb1
3時間で500円というサイクルマシンゎ
2台こっきりなんだΣ(`(∞)´)=3
おぢちゃんが錆びたマシン指差して
「こっちやったら300円でええよ」
そり動くのでつかギコギコ悲鳴あげそ bearing

太っ腹のσ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@
「500円の お借りしますw」

@(^エ^)@が確認する
「3時間過ぎたら追加料金ゎいくら?」

おぢちゃん
「まぁ 4時間でもかめへんよ・・・」
どこまでもアバウトなのであったhappy01



ケッタマシーン蹴ってピュワーンとバス道を走り抜ける
トンネルを抜け左折して海辺を目指すと「らくだの湯」渡船場がありまつ
「清丸渡船」で料金支払うと湯着を貸してくださいます。
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@二人だけのために お船を出して下さいました。
「らくだの湯」貸切だどぉ~lovely (記事ゎココClick♪)

0903022
勝浦漁港内の「海乃湯」でつな
足湯と手湯なんぞしながら
港の景色を楽しめるってわけで
建築材料に紀州材を使っていまつ
温度は やや温めでして
のんびりするにゎ最適かもです
どうやら夜中にココで湯浴みする
不届きものが居るらしくて・・・
入浴禁止の張り紙もあったりdanger
オイオイオイ
風邪引くで~(▼m▼)プップッ

σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@軟弱に弱い
熱い湯が恋しくなってくるわけでして
ぴゅわ~んdash



0903023
勝浦の〆湯に選んだのゎ
やっぱ一番力の有る湯ですよぉ
「はまゆ」でシャキットなnote
番台の おばちゃまが
お声かけて下さいましたkissmark
「いつ帰るの? たくさん見学した?」
(*`(∞)´*)ノあぃ♪
いろんな お湯と出逢いました
湯と黒潮のコラボ楽しかったです
「紀伊の松島」 晴れててご機嫌でしたsun
レンタサイクルって小回り効いていいもんだbicycle日曜日休みで正解だったかも・・・
狭い国道を湯川温泉までゎ危険でした
チョロチョロ3時間が正解でつ(*⌒ー⌒*)b




P2240277s
楽しかった2泊3日の勝浦でした
よく寝た よく遊んだぁ~happy01
ココ数ヶ月笑う余裕もなかった
心の棘一本抜けたよぉ ありがとぅheart
@(^エ^)@にしてゎめずらしく
雨を呼ばなかった紀州路でしたhappy02
湯旅って非日常のなかで
エネルギー充電してくれるよねspa


σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@にしてゎ島そのまままホテルと言う浦島さんゎ
びっくら おとろしい異空間でございましてデパートちゃうんちゃう?
そんなほど人間様が大勢押しかけるビックリ巨大施設でございました。
だけど 朝の貸切露天風呂にゎホットしたりlovely
足場に使わせてもらったのゎ旅行代金として お得だったでつよぉmoneybag

        南紀勝浦温泉 ホテル浦島公式サイト
pc
        和歌山県
東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165-2
        0735-52-101

   
ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ鬼が喜びます励みになりますnote

南紀勝浦温泉 「らくだの湯」

サイクリング サイクリング ヤッホー ヤホnote
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@ご機嫌で渡船場目指しますbicycle

P2240273s_2

清丸渡船さんで申し込むと
湯着を貸してくださいますpouch
なんたって混浴ですから~happy02
「最低運行人数 2人以上」
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@
二人だけのために
お船出して下さったんだ~ship



P2240256s
お船に乗ってるのゎ5~6分clock
紀伊の松島と呼ばれる島々の
ほんのさわりも楽しめたり
潮風受けて走るのゎ素敵だ
釣をしない我々にとって
瀬渡しのお船ゎ初体験でして
舳先からの乗降に緊張したnote



P2240246s
島にゎカモメの群れが
羽を休めていたのですが
なかなか画像に納めれない
釣り人さんたちも
小さな島から釣糸たれて
都会の喧騒から離れて
魚に思いを馳せるのでせぅかconfident



P2240236s
らくだの湯に到着ですship
1時間後に迎えの船が来るまで
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@2人占めcrown
小さな小屋で湯着に着替えて
湯船ゎふたつございまして
右手の湯船ゎ後のお楽しみheart04
歩みを奥へ進めて
まずゎ熱めの湯に向かいますfoot


P2240222s
奥の湯船からの眺めですね
らくださんの上半身と
島の稜線の先にゎ
点在する島々が
海に浮かんだ盆栽のようで
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@
「時」を忘れちまいますlovely



P2240231s

岩肌を流れ落ちるのゎ
単純硫黄泉spa
無色透明な湯から
立ち上る硫黄の香りと
「絶景の風景」2人占めheart01
旅に出て
異空間に身を置くことの
醍醐味に感謝した
そんな1時間でございました
これだから
ほっつき歩きゎ
止めれね~ヾ(@^▽^@)ノ





P2240217ss
らくだの湯でございますheart
やや 温めでございまして
波の音聴きながら
らくださんと風と青い空に雲cloud
地球というパズルの1ピースに
自分も身を置いたのだなと
嬉しくなっちまいますcatfaceheart04



らくだの湯の柵から見下ろす波ってのが素敵でしてwave
皆さまに お伝えできないものかと動画にしてきましたmovie
途中で足が滑って・・・・およよ・・・



σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@ゎ10時50分から1時間の利用でしたhappy01
この時間帯ってラッキーだったのかぁ清丸渡船さん ありがとぅhappy02heart04

        「らくだの湯」清丸渡船案内ページpc
        和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川932
        予約・詳細ゎ・・・090-4569-7945
        8:30~16:00(帰りの最終便は17:00)
         (夏期は時間が異なります)
        dollarお一人さま 1500円


   
ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ鬼が喜びます励みになりますnote

2009年3月 1日 (日)

勝浦温泉 天然温泉公衆浴場 「はまゆ」

P2230140s_2
そぞろ歩きも肌寒い春の宵
ぬる湯のハシゴばっかの一日
ここらでシャキーンとしたいrock
勝浦の湯を知りたければ
やっぱ共同湯でそspa
地価500mから湧く源泉を
滔々と かけ流す贅沢さsweat01sweat01
本物の湯がココにありますlovely


40年以上前に ご主人が自分で掘り当てたそうでつよぉ
地元の皆さまが大切に利用されているのが良く分かりますconfident
含硫黄ーナトリウムーカルシウムー塩化物泉
源泉温度45度ございますそうな シャキーンと嬉しいのですlovely

冷えた身体も心底ぬくもって グッスリ寝れたのゎ勿論ですsleepy

0903024
よく歩いた旅の目覚めも軽く
最終日ゎレンタサイクル利用bicycle
14時までの限られた時間を
これでもかと遊びまくる我々ゎ
勝浦最後の〆の湯に選びましたspa
番台の おばちゃま優しいよね
2日通えば お声かけて下さるwink

@(^エ^)@ゎ心優しき人が好きheart
なにげない会話の中に
「ココに来て良かった」
「また いつか来たいな」
そんな余韻が最高のお土産だpresent
心と心が湯にもまれて
かけ流れる「はまゆ」ありがとぅheart04




         那智勝浦町大勝浦970
         0735-52-1201
         13時~22時(毎月7日・22日定休)
         dollar大人320円・小学生130円・幼児60円


     ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ鬼が喜びます励みになりますnote

勝浦温泉 「海のホテル一の滝」

P2230142s
船着場からホテルまで
歩くと結構距離があって
@(^エ^)@がブーブー言ふdespair
日暮れ時ってのゎ
知らない道ゎ遠く感ぢるもの
飛び跳ねながら
歩かんでも・・・・(-ω-) ボソッ



P2230143s
湯殿への入り口も簡素なら
洗い場へ続くドアもシンプル
「入浴マナー」の看板が
なんとも無粋と興醒めしつつ
静かにドアを開けると
家族連れが2組ほどいらした
湯量は豊富でカランも温泉sweat01



ここの湯殿ゎ明るい時にこそ眺めもよけれでして
薄暗い中での湯浴みは なんとも もの寂しい感ありでつcatface
湯川で温めの湯堪能してきたσ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@
湯を大切に利用されているホテルの姿勢にゎ花丸差し上げても
松田教授の「日本の名湯百選」を理解するには宿題ありですchair
美しい海の景色のコラボを楽しんでこそホテルの良さが分かるってもん

湯ゎ肌触り優しく滑らかにて心地よいheart01
だけど湯の評価だけ述べるなら同系列の「きよもん湯」が圧勝であるcrown
湯船に適した豪快な湯量ゎ新鮮な源泉を堪能できますし
なによりも源泉が小さな気泡となって身体にまといつく心地よさありで
時間のない方の立ち寄り湯なれば「きよもん湯」お薦めしますです ハイnote

         「海のホテル一の滝」公式サイトpc
         和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦
         7520735-52-0080
         立ち寄り湯:15時~23時(火曜定休)
         dollar500円


   ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ鬼が喜びます励みになりますnote

夏山温泉 「もみじや旅館」

P2230092s
ゆかし潟を背にして
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@
峠超えて海へshoe
バスな人が 「灯かりのない
トンネル抜けるの気をつけて」
うにゅ~日暮れ時ゎ怖いかも
枯れ枝踏んで
ウギャ~~~~ってビッ栗wobbly


P2230095s
右手に太地温泉が見えます
ミステリーツアーで行ったのゎ
2年前になるのかぁ・・・confident
左手は勝浦だったりします
風もなく波静かな太平洋wave
大きな海を眺めていると
心も でっかくなるもんだcatface



P2230104s
桜見つけた@(^エ^)@ゎ
花簪に笑顔も満開でして
見るもの物珍しく
きゃっきゃと歓声あげます
風景も二人〆の我々にゎ
お金を使わない贅沢な旅moneybag
2009年の早春賦でつnote



P2230108s
小道の奥に「もみじや旅館」
時間ゎ少し早いのでつが
嫌なお顔もせずに通して栗た
言葉少なめな主さまの
指差す方に歩けば湯殿ありspa
きしむ板の引き戸を開ければ
ちいさな脱衣場に籠ありて
香り立つのゎ硫黄臭heart04


P2230110s
窓から差し込む陽の光に
無色透明な湯が波打って
キラキラと さんざめくsweat01
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@
ヨダレ押さえて
パチリ パチリとなcamera
あぁ~早く浸かりたいw



P2230112s
二人がやっとこって湯船に
これでもかと湯を吐く獅子ゎ
愛嬌もあったりして
「はやく おはいりよ~」って
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@をば
誘うのでつなw
単純硫黄泉ってもね
ややヌルスベの肌触りでさ


P2230114s
小さな気泡も湯の勢いで
肌に纏わりつく隙を与えない
℃ボンしたら豪快にオーバーフローして
ストレスもザバーって流れちまうsweat01sweat01
そりゎそりゎ極上湯だよぉlovely
飲泉用のコップも無用ってもんでつ 
手で受けたら口に飛び込んでくるhappy02
やや甘くて飲みやすいやよdelicious


この小さな湯の殿堂に出逢いたくて勝浦まできましたticket
ゆりの山soonきよもん湯soonもみじや旅館のコースゎ
無色透明ながら その一つ一つの湯に個性があって
至福の三連発なのでございました止めの圧巻ゎ湯が踊るhappy02
「もみじや旅館」に星みっつdiamonddiamonddiamond ヾ(@^▽^@)ノ


       和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川夏山3830
       0974-47-2038
       15時~19時30分
       大人300円・小人200円


    ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ鬼が喜びます励みになりますnote

湯川温泉「きよもん湯」

P2230073s
ゆかし潟を ほぼ一周して
ゆりのやま温泉から
30分も歩いたでせぅか?
湯川バス停前にありますspa
リニュされた綺麗な施設でして
木の香りも清しいのですな
熊野最古の湯だそうで
紀州の名湯でございますよhappy01


P2230075s

休憩所も広々と開放感あり
庭を眺めつつ のんびりと
相方を待つのもいいもんだ





P2230076s

木の香り匂い立つってのが
おわかり頂けますでせぅか?
明るい渡り廊下って
なんだかワクワクしちゃいます
未知との遭遇だどぉ~happy02




P2230077s
こっから先ゎ先客がおられまして
カメラゎ自粛いたしましたng
単純硫黄泉(アルカリ性低張性温泉)
新鮮な湯が惜しげなく かけ流され
小さな気泡が身体に一枚幕を貼る
滑らかな湯ざわりにニンマリとなcatface
こりゃ~極上湯ですたいwnote




      きよもん湯(湯船の画像ゎ公式サイトでどんぞ)pc
      和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川1062
      0735-52-0880
                入浴時間:12時~23時30分
              入浴料金:大人500円・小人300円
      家族風呂:別途貸切料金1000円


1095218247_203
風呂上りに道路を渡って
ゆかし潟湖畔の
喫茶きよもんで
チャーハンいただきました
温泉卵も舞鵜だったhappy02
なんせこれから
夏山温泉「もみじや」まで
峠越えするのだからrun
・・・・・・峠越え・・・てもね
のんびり歩いて20分てとこ
σ(*`(∞)´*)&@(^エ^)@にゎ
ワクワクする冒険なんだ
おばちゃまゎ言うのだ
「海岸が綺麗だですよぉ
太地温泉も見えるし
ホテル浦島も見えますよ」


P2230085s
「喫茶きよもん」の窓辺にゎ
鴨さんたちが遊んでいます
餌付けしてあるそうなhappy01
「湖畔をタオル振り回しながら
歩いてたのゎお嬢ちゃんsign02
・・・・・・あらら
・・・・・@(^エ^)@見られてたしbearing
さ~て 夏山海岸目指して出発dash



    ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ鬼が喜びます励みになりますnote

湯川温泉 「ゆりのやま温泉」

P2230056s_2
紀伊勝浦駅前からバスで10分bus
バス停二河で下車しまして
ゆかし潟をトコトコ歩くfoot
8分も歩くと 「ゆりのやま温泉」
静かな佇まいに癒されまするconfident
道路の向かいに駐車場があり
20台止めれるそうなrvcar
温泉水も販売してまつdollar


P2230055s_2 
効能書きと鉱泉成分表ですな
泉温38.5度温めの湯でつよ
アルカリ性単純温泉pH:.9.6
微かに硫化水素臭もあったり
滑らかな湯に うふふんnote
湯量も豊富で洗い場のカランも
全て源泉と言う贅沢さでつsweat01
地元の先客が4名ほどいらしたhappy01


P2230063s
アル単の湯に堪能した@(^エ^)@
ご機嫌サンサンですよ~heart04
湯上りに湖畔を走る春風も
心地よいものでございます
水面に映るのゎ空と山
「心がズンズン元気になります」
静かなゆかし潟に心遊ばせて
ぐるりとなっshoe


P2230065s
緑の小道ゎ何を呼ぶ
@(^エ^)@の野生の本能も
芽吹く早春なのでつなcatface
@(^エ^)@のタオルの舞ゎ
次の湯までに乾かすのだと
いぁ・・・
君ゎとことん五月蝿いhappy02



P2230068s
「呼ばずの坂」
ポストマン手抜きの坂きゃ?
坂の上から村人呼んで
郵便物取りに来させてたなんて
なんか親方日の丸ってか~sun
上から目線ゎ嫌いでつpout
    ヽ( ´ー)ノ フッ♪



P2230070s
歩くってのもいいもんで
木々の向こうに山桜cherryblossom
なによりも人と出逢わない
静かな「ゆかし潟」

文豪が愛した小道だとゎ
うなづけるものですpencil
ぐるりと周れば「きよもん湯」
手ごろな散歩コースですshoe



         和歌山県東牟婁郡那智勝浦町ニ河8
                         0735-52-5106
         入浴時間:9時~22時
         入浴料金:大人300円・小人200円


   
ポチっとなspa にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ鬼が喜びます励みになりますnote

2007年7月 4日 (水)

太地くじら温泉「花いろどりの宿花游」

R178enlc
ミステリーツアーですな
�海の眺めとたくさんのお花が皆様をお迎えいたします!
�海に面したお部屋をご用意!
�必ず和室をご用意!
�海の見える露天風呂で、心地よい旅の疲れを癒してください!
�夕食は料理長自慢のお勧め会席!
�夕食には温泉の名前にもなっている食材「●●●くじら」も使用!
�夕食時、お酒またはソフトドリンク一付!
�朝食はバイキングをご用意!
�ホテル売店2,000円以上お買い上げで10% 割引!

Fobbv6gw
33.5度の食塩泉でつなspa
無色透明の湯ゎスベラカですが
加温・循環・塩素消毒してまつ
まっ 塩素臭があまりしなかったのと
気のあう仲間との湯旅でございますし
女4人裸の語らいも楽しいものでつnote
湯の感動ゎござりませぬ( ̄≠ ̄)
 


�世界遺産「●●●鬼ケ城」を観光!
�世界遺産「●●●那智山」を参拝!
�世界遺産「●●●●●●熊野本宮大社」を参拝!
�世界遺産「●●●●熊野古道」をちょっぴりウォー ク体験!
�TVドラマでもお馴染み!「●●●三段壁」を見 学!
�ご当地銘菓・●●黒飴を試食!
�ご当地名物・●●●くじらの佃煮を試食!
�中国・信州・東海以外に宿泊!
�い〜ふろ価格の12,600円より!
�行き先当てクイズを実施!正解者には抽選で景品進呈!

クイズの景品ゎ鈴カステラでございましたbell
行く前に検索して全てわかってもとぅし どこがミステリーやねん/(_(∞)_)\

なんだかだです

  • 1日1回ポチッとお願します♪
    ブログランキングに参加してます鬼の励みになります♪
    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
  • 俳句ぃぁ川柳♪
  • ひとことどんぞ♪

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

ご入湯ありがとぅございます♪

  • 著作権放棄していません
    当ブログ掲載の記事、写真等の無断掲載を禁止します。
    (c)2004-2009 おにゆり. ALL Rights Reserved.
  • いつも感謝ヾ(@^▽^@)ノ